主な所蔵品
 
 当館のコレクションの中心は、明治以降の近代日本画と茶道具に大別され、さらに日本洋画と現代陶芸なども含まれます。日本画、茶道具の分野別に、その一端をご紹介いたします。

<日本画> 画面のクリックで拡大図表示 (ただし画像の無断転用を禁止します)
川合玉堂 「嶋之春」
川合玉堂「嶋之春」
1937(昭和12)年
上村松園 「春風」
上村松園「春風」
1935〜44(昭和10年代)
 橋本関雪 「月下狸之図」
  橋本関雪「月下狸之図」
1935(昭和10)年頃
  鏑木清方 「秋の錦」
  鏑木清方「秋の錦」
  1948(昭和23)年
©根本章雄2003/for桑山美術館
下村観山 「蜆子」
下村観山「蜆子」
1921(大正10)年頃
徳岡神泉 「西瓜」
徳岡神泉「西瓜」
1940(昭和15)年
速水御舟 「小春」
速水御舟「小春」
1910(明治43)年
菱田春草 「暁霧」
菱田春草「暁霧」
1902(明治35)年
<日本画ミニ解説>
  徳岡神泉 「西 瓜 」(とくおかしんせん 「すいか」) 1940 (昭和15) 年頃

 徳岡神泉(1896−1972)は京都に生まれる。1909(明治42)年、竹内栖鳳の画塾・竹杖会に入塾。翌年京都市立美術工芸学校へ入学し、卒業後はさらに京都市立絵画専門学校に入学した。在学中より文展に出品するも連続して落選、卒業後は妙心寺などの寺に移り住んで参禅したり、富士山麓の富士川町に滞在するなど苦悩の時期を過ごした。京都に戻り1925(大正14)年、第6回帝展に初入選、翌年には特選となり、以後官展を中心に活躍。厳しいリアリズムと濃密な質感表現から、次第に構成の単純化をおしすすめ、戦後は自己の内面を象徴的表出したな画境に到達した。
 
戦後の作品は具体性を取り払い、禅の境地を示すかのような作品へと移行していくが、この「西瓜」の空間表現からもその予兆がうかがえる。神泉は「目に見えない、もっと深いもの、言葉で言い表せない大自然−宇宙−その摂理を絵の世界で追究してゆきたいと思っている」という言葉を残しており、静寂な無限の空間に広がるどこか神秘的な雰囲気は、西瓜畑という具体的な場所から離れ、画家の深い精神性に基づく象徴的な空間となって広がっている。
 日本画ミニ解説履歴  日本画ミニ解説 履歴へ
  • 第1回 速水御舟 「小 春」(こはる)
  • 第2回 下村観山 「蜆 子」(けんす)
  • 第3回 鏑木清方 「秋の錦」(あきのにしき)
  • 第4回 川合玉堂 「嶋之春」(しまのはる)
  • 第5回 上村松園 「春 風」(しゅんぷう)
  • 第6回 菱田春草 「暁 霧」(ぎょうむ)
  • 第7回 橋本関雪 「月下狸之図」 (げっかたぬきのず)
<茶道具>  画面のクリックで拡大図表示 (ただし画像の無断転用を禁止します)
  利休在判 竹一重切花入
  竹一重切花入 利休在判
      桃山時代
青磁不遊鐶花入
青磁不遊鐶花入
中国明時代初期
古染付水指
古染付水指
中国明時代末期
金海洲浜形茶碗
金海洲浜茶碗
朝鮮王朝時代
交趾阿古陀香合
交趾阿古陀香合
中国明時代後期
祥瑞橋杭香合
祥瑞角橋杭香合
中国明時代末期
沢瀉蒔絵平棗
沢瀉蒔絵平棗
江戸時代前期
鉄刀木桐蒔絵棗
鉄刀木桐蒔絵棗
江戸時代中期

<茶道具 ミニ解説> 
  沢瀉蒔絵平棗 (おもだかまきえひらなつめ) 江戸時代前期

 沢瀉は水田や池などに自生する植物で、矢のような形をした葉と真っすぐに伸びた茎からは白い花が咲き、その意匠は古くから紋所などに用いられている。この沢瀉の文様は、まず黒漆塗の表面に漆で描かれており、乾かないうちに金粉を蒔き付け、乾燥後に金粉の表面を磨いて仕上げた「平蒔絵」の技法で表現されている。花をつけた沢瀉はバランスよく配され、渦巻く流水は尾形光琳の「紅白梅図屏風」に描かれた流水文を思わせ、蓋裏から器全体に広がりを見せており雅やかな印象を与える。作風から制作年代は江戸中期まで下るかもしれない。葉の表面には葉脈を表すために、針または錐(きり)状のものを使って線刻する「針描き」の技法も見られ、いかにも流れるような線描とともに細やかな職人技が発揮されている。

  茶道具ミニ解説履歴 茶道具ミニ解説 履歴へ
  • 第1回 竹一重切花入 (たけ いちじゅうぎり はないれ)
  • 第2回 金海洲浜形茶碗 (きんかい すはまがたちゃわん)
  • 第3回 交趾阿古陀香合 (こうち あこだ こうごう)
  • 第4回 古染付水指 (こそめつけみずさし)
  • 第5回 鉄刀木桐蒔絵棗 (たがやさん きりまきえなつめ)
  • 第6回 祥瑞角橋杭香合 (しょんずい かくはしくい こうごう)
  • 第7回 青磁不遊鐶花入 (せいじふゆうかんはないれ)
  
トップページ   交通アクセス   美術館のご案内   展覧会のご案内   茶室のご案内

  ギャラリーのご案内   庭園案内 〜燈籠〜   庭園案内〜季節の花々〜   お知らせ


直線上に配置
ホームページの画像およびテキストの著作権は桑山美術館にあります。無断転用を禁じます。
©2003-2014 Kuwayama Art Museum